Textヘルパー拡張

package Baser.View.Helper

 Methods

日付より年齢を取得する

age(string $birthday, string $suffix = '歳', mixed $noValue = '不明') : mixed

Parameters

$birthday

string

$suffix

string

$noValue

mixed

Returns

mixed

配列とキーを指定して値を取得する

arrayValue(int $key, array $array, $noValue = '') : mixed

Parameters

$key

int

配列のキー

$array

array

配列

$noValue

Returns

mixed

連想配列とキーのリストより値のリストを取得し文字列で返す 文字列に結合する際、指定した結合文字を指定できる

arrayValues(string $glue, array $keys, array $array) : string

Parameters

$glue

string

結合文字

$keys

array

結合対象のキーのリスト

$array

array

リスト

Returns

string

boolean型のデータを可、不可で出力

booleanAllow(boolean $value) : string
0 or 1 の int も許容する 文字列を与えた場合には、不可を出力
access public

Parameters

$value

boolean

Returns

string可/不可

boolean型用のリストを可、不可で出力

booleanAllowList() : array

Returns

array可/不可リスト

boolean型のデータを [〜する / 〜しない] 形式で出力する

booleanDo(boolean $value, string $doText = null) : string

Parameters

$value

boolean

$doText

string

Do文字列

Returns

string

boolean型用のリストを[〜する/〜しない]形式で出力する

booleanDoList(string $doText = null) : array

Parameters

$doText

string

Do文字列

Returns

array[〜する/〜しない]形式のリスト

boolean型用を有無で出力

booleanExists(boolean $value) : string

Parameters

$value

boolean

Returns

string有/無

boolean型用のリストを「有」「無」で出力

booleanExistsList() : array

Returns

array「有」「無」リスト

boolean型を ○ または ― マークで出力

booleanMark(boolean $value) : string

Parameters

$value

boolean

Returns

string○ または ―

boolean型用のリストを ○ ― マークで出力

booleanMarkList() : array

Returns

arrayマークリスト( - ○ )

boolean型用を無効・有効で出力

booleanStatus($value) : string

Parameters

$value

Returns

string無効/有効

boolean型用のリストを有効、無効で出力

booleanStatusList() : array

Returns

array可/不可リスト

配列形式の日付データを文字列データに変換する

dateTime(array $arrDate) : string
配列形式のデータは、FormHelper::dateTime()で取得できる

Parameters

$arrDate

array
  • year : 年
    • month : 月
    • day : 日

Returns

string日付(例)2015/8/11

配列形式の和暦データを文字列データに変換する

dateTimeWareki(array $arrDate) : string
FormHelper::dateTime() で取得した配列データを BcTimeHelper::convertToWarekiArray() で配列形式の和暦データに変換したものを利用する

Parameters

$arrDate

array

wareki:和暦に変換する場合は、trueを設定、設定しない場合何も返さない

  • year :和暦のキーを付与した年。
      h: 平成 / s: 昭和 / t: 大正 / m: 明治
      (例)h-27
    • month : 月
    • day : 日

Returns

string和暦(例)平成 27年 8月 11日

文字をフォーマット形式で出力し、値が存在しない場合は初期値を出力する

format(string $format, mixed $value, mixed $noValue = '') : string
access public

Parameters

$format

string

フォーマット文字列(sprintfで利用できるもの)

$value

mixed

フォーマット対象の値

$noValue

mixed

データがなかった場合の初期値

Returns

string変換後の文字列

モデルのコントロールソースより表示用データを取得する

listValue(string $field, mixed $value) : string

Parameters

$field

string

フィールド名

$value

mixed

Returns

string表示用データ

通貨表示

moneyFormat(int $value, string $prefix = '¥') : string

Parameters

$value

int

通貨となる数値

$prefix

string

'¥'

Returns

string

データをチェックして空の場合に指定した値を返す

noValue(mixed $value, mixed $noValue) : mixed

Parameters

$value

mixed

$noValue

mixed

データが空の場合に返す値

Returns

mixedそのままのデータ/空の場合のデータ

番号を都道府県に変換して出力

pref(int $value, string $noValue = '') : string
access public

Parameters

$value

int

都道府県番号

$noValue

string

都道府県名

Returns

string都道府県名

都道府県のリストを出力

prefList($empty = '都道府県') : array

Parameters

$empty

Returns

array都道府県リスト

性別を出力

sex(array $value = 1) : string

Parameters

$value

array

Returns

string

郵便番号にハイフンをつけて出力

zipFormat(string $value, string $prefix = "〒 ") : string
access public

Parameters

$value

string

郵便番号

$prefix

string

'〒'

Returns

string〒マーク、ハイフン付きの郵便番号

 Properties

 

$helpers

$helpers 

Default

array('BcTime', 'BcForm', 'Html')