Class PagesControllerEventListener

Controllerイベントにコールバック処理を登録するための継承用クラス。 events プロパティに配列で、イベント名を登録する。 イベント名についてレイヤー名は省略できる。 コールバック関数はイベント名より .(ドット)をアンダースコアに置き換えた上でキャメルケースに変換したものを 同クラス内のメソッドとして登録する (例) Controller.Dashboard.beforeRendr に対してコールバック処理を登録 public $events = array('Dashboard.beforeRender'); public function dashboardBeforeRender($event) {}
package Baser.Event

 Methods

PagesControllerEventListener constructor.

__construct() 

コンストラクタ

__construct() 

Contents After Move

contentsAfterMove(\CakeEvent $event) 
テンプレートの移動が目的

Parameters

$event

\CakeEvent

Contents After Trash Return

contentsAfterTrashReturn(\CakeEvent $event) 
ゴミ箱から戻した固定ページのテンプレート生成が目的

Parameters

$event

\CakeEvent

Contents Before Delete

contentsBeforeDelete(\CakeEvent $event) 
ゴミ箱に入れた固定ページのテンプレートの削除が目的

Parameters

$event

\CakeEvent

Contents Before Move

contentsBeforeMove(\CakeEvent $event) : bool | void
oldPath を取得する事が目的

Parameters

$event

\CakeEvent

Returns

boolvoid

implementedEvents

implementedEvents() : array

Returns

array

 Properties

 

ページモデル

$Page : bool | null | object

Default

null
 

$Page

$Page : \Page

Default

magic
property
 

イベント

$events : array

Default

array('Contents.beforeMove', 'Contents.afterMove', 'Contents.beforeDelete', 'Contents.afterTrashReturn')
 

登録イベント

$events : array

Default

array()
 

レイヤー名

$layer : string

Default

''
 

古いテンプレートのパス

$oldPath : null

Default

null
コンテンツのフォルダ間移動の際に利用
 

プラグイン名

$plugin : string

Default

''